葉酸不足

葉酸不足【妊娠中の妊婦さんへ】胎児に影響が出たときの話


はじめまして。ミフユといいます。

現在は、育児休暇を使って、生後6ヶ月の赤ちゃんを育てていますが、いつもは看護師として病院で働いています。

これから、私がお話しするのは、葉酸不足で胎児に影響が出たときの話です。


妊娠の際に葉酸が不足すると、胎児はどうなってしまうのかということを詳しくお話します。

そして、後半のほうでは、私が妊娠直前から授乳終了まで利用していた葉酸サプリや葉酸サプリの選び方のことを書いていますから、何かしらのお役に立てると嬉しいです。


妊娠初期(中期)の葉酸不足が原因で胎児に起こりうる障害って?


妊婦の葉酸不足が原因で胎児に起こりうる障害として、

・神経管閉鎖障害
・二分脊椎症
・無脳症


などがあげられます。

たとえば、二分脊椎症というのは、歩行障害や尿大便失禁といった一生涯ずっと脳神経外科や泌尿器科に通院することになるような重篤な症状が出てしまうでしょう。

ですが、厚生労働省の発表によると、葉酸を必要なだけしっかりと摂取していれば、罹病確率を70%以上も軽減できるのです。


その他の二つの障害も、子供の一生を左右してしまうような重い障害だといえます。

でも、妊娠初期から中期にかけて、必要なだけの葉酸を摂取し続けていれば、発症リスクを著しく減らすことができると、国が認めて母子手帳にも明記してあるのです。



※私が住んでいる地域で配布している母子手帳


葉酸不足にならないためには、どうすればいの?


このように、妊娠時に葉酸不足に陥ってしまうと、胎児が障害を発症してしまう確率が高くなってしまいます。

それを防ぐためには、妊娠する直前から、つまり、子供がほしいと思った段階から、葉酸を積極的に摂取しなくてはなりません。


葉酸というのは一般的に、

・ほうれん草
・モロヘイヤ
・レバー


といった食べ物に多く含まれている水溶性のビタミンです。

水溶性のビタミンは体内に留めておくのが難しいので、毎日摂る必要があります。


ただ、そうはいっても、妊娠初期にはつわりがひどかったり、嗜好がかなり変化して、きちんと食事をとれないことも多いですよね。

(私はつわりで吐きまくってた上に、一時期はスイカしか食べられませんでした。)

そういったことを考えると、葉酸サプリを摂取するというのが確実でしょう。

以下では、私が飲んでいた葉酸サプリについてお話しますので、もし、興味があったら検討してみてください。


質も価格もオススメ! ベルタ葉酸サプリ




 もっと詳しく見てみる

価格:単品5980円、定期コース1ヵ月3980円(共に送料無料)

特徴:天然素材、葉酸400μg、鉄分15mg、27種類のビタミンミネラル配合、18種類の野菜配合、女性に嬉しい成分配合


解説:

私が妊娠前から授乳終了まで飲んでいたのがこのベルタ葉酸サプリになります。

(厚生労働省では妊娠前から授乳時までの葉酸摂取を推奨しています)


このサプリの特徴を一言でまとめると、品質重視ということですね。

・添加物無添加、無香料
・天然素材ベース


ですから、ママと胎児が栄養を共有するこの時期にふさわしい安全で安心なサプリです。

もちろん、十分な量の質の高い葉酸が摂れますし、妊娠時に必要な栄養素が数多く含まれています。

・葉酸含有量は400μg
・鉄分、亜鉛などの妊娠に重要な栄養素
・その他、ビタミンミネラル27種類、野菜も15種類以上


中でも、葉酸と鉄分、亜鉛は赤ちゃんの健康のために絶対に必要になります。

このサプリの場合には、単なる葉酸サプリというよりも、妊婦向けの総合栄養サポートサプリと考えるといいかもしれません。


葉酸の配合量が多いので、

過剰摂取が心配になってしまうかもしれませんが、厚生労働省では、食事の他にサプリなどで、1日0.4mgの葉酸を摂取することを推奨していますから、全く何の問題もないのです。

(1000μgで1mgになりますから、ベルタ葉酸サプリを飲めば1日に必要な量が摂れます。)


高品質ですし、

配合成分が充実しているので、単発で1ヵ月分を買うと約6千円となり、安くはありません。

でも、定期コースで買えば、4千円ぐらいになります。

ただし、定期コースには、6ヶ月継続という条件があるので、

・味や飲みやすさのお試しなら1か月分
・出産まで続けるなら定期コース


と自分にあった方を選んだ方がいいでしょう。



 ベルタ葉酸サプリをもっと詳しく見てみる

主な成分表示:酵母、黒酢もろみ、ツバメの巣、コラーゲン、プラセンタ、キャベツ、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、カボチャ、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト、貝殻カルシウム、セルロース、クエン酸第一鉄ナトリウム、葉酸、ステアリン酸カルシウム、クエン酸、ビタミンB6、珊瑚カルシウム、ビオチン、B-カロテン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ヒアルロン酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12


ベルタ葉酸が高いなら、AFCの葉酸サプリ




 もっと詳しく見てみる

価格:1ヶ月分1800円、3か月分4800円、6か月分8400円(全て送料込)

特徴:葉酸400μg、10種類のビタミンミネラル


解説:私の場合は、胎児の健康にかなり神経質に気を配っていたため、

・無添加
・天然素材


のベルタ葉酸を選びました。

でも、「経済的な余裕はないけど、葉酸だけは摂っておきたい!」という場合には、このAFCの葉酸でもいいと思います。

このサプリなら、価格的には、ベルタ葉酸の半額です。

その代わりに、

・ミネラル類の配合が半分以下
・天然ではなく合成が中心
・酵母やもろみなどの自然物はない
・コラーゲン、プラセンタなどの美容成分はない


という特徴があります。

とはいえ、葉酸を摂らないよりは摂った方がずっといいですから、葉酸だけに限定してこのサプリを利用するのもいいでしょう。

主な成分表示:還元麦芽糖水飴、デキストリン、骨カルシウム、セルロース、ビタミンC、ピロリン酸第二鉄、ステアリン酸カルシウム、ナイアシン、シェラック、パントテン酸カルシウム、ビタミンD、ビタミンB6、レシチン(大豆由来)、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12


葉酸サプリは、質重視で選んで!


ここまで、妊娠中の葉酸不足だと胎児にどんな障害が出てしまう可能性があるのか?

それに、私のオススメの葉酸サプリのことをお話してきました。

ざっくりとまとめてしまうと、

・葉酸不足が胎児に与える影響は一生を左右するほど深刻
・葉酸は摂りにくいので、食事以外に葉酸サプリで摂った方がいい
・葉酸サプリはできれば良質なものがいい


ということですね。


どうして良質な葉酸サプリをオススメするのかといいますと、ドラッグストアなどで売られているような安い葉酸サプリは、

・大量生産
・化学合成


のものだからです。

もちろん、国の認可は受けていますが、それってけっこういいかげんなものですし、大量生産の場合、製造地は中国製とか韓国製とかの海外になります。


添加物がたくさん含まれている上に、化学合成された成分を一生で一番重要な時期ともいえる我が子に与えたくない!

と考えた私は、価格は安くはないですが、天然素材無添加のベルタ葉酸サプリを選びました。

(ベルタ葉酸の素材は国産ですし)


それから、ベルタ葉酸には、

・コラーゲン
・プラセンタ


といった美容成分も配合されているので、出産後の体型を戻すのにも役立ちました。

そんなわけで、妊娠直前から授乳が終わるまで間、ずっとベルタ葉酸を飲んでいたんですが、もし、あなたが、

「葉酸、摂れてないかも?」
「サプリの品質って、やっぱり大切かも?」


とちょっとでも思われたようでしたら、切り替えを検討してみることをオススメします。

しつこいようですけど、

この時期はママと赤ちゃんが栄養を共有していますから、ママが良くないものを摂っていたら、赤ちゃんが一生苦しむような健康被害が起こってしまう恐れがあるのです。

安全性重視で検討してみてください。



 ベルタ葉酸の公式ページはこちらをクリック



妊娠出産予定の芸能人、タレント(不妊治療含む):ゴシップガールのブレイクライブリー、市原隼人と結婚した向山志穂。あ、後、最近人気の日本テレビアナウンサー佐藤良子アナやTBSアナウンサー長岡杏子アナ、お笑い芸人クワバタオハラの小原正子も有名ですね。元気な赤ちゃんが産まれるといいですね!妊婦さんが妊娠中に葉酸を摂取しなくなったら、母子ともに危険が及びます。妊娠3ヶ月目のつわり|三ヶ月のつわり対策(吐き気など)葉酸不足は、赤ちゃんにとってとても影響をあたえるものです。胎児の細胞分裂が盛んになってくるのが妊娠初期の4週〜12週になります。この期間に先天性の疾患を招いてしまう可能性が出てくることがあるのですが、その疾患の中でも、「二分脊椎症」という神経管閉鎖障害の発症リスクがとても高いと言われています。授乳期には、葉酸不足になると赤ちゃんの発育に影響を及ぼします。そこで、葉酸を摂取したほうが良いのですが、葉酸は過剰摂取をしても問題はありません。一応、必要摂取量が決まっているのですが、葉酸は水溶性ビタミンですので多く摂取した文は尿として出てきます。ですので、葉酸を多くとってしまった!など心配になることはありません。積極的に葉酸を摂取しなければ不足するほうが問題ですので、摂取するようにしましょう。葉酸は、赤血球を生み出す働きをしています。ですので、葉酸が不足することは、生活習慣病を招いたり心血管系の疾患などを引き起こしてしまいます。お酒を普段から摂取している方や避妊薬のピルなどを服用している方やアスピリンを服用している方も葉酸不足になります。神経管閉鎖障害は、妊娠初期の先天異常です。神経管は、脳や脊髄などの中枢神経系を司る細胞の集まりです。この、神経管は妊娠の初期に細胞分裂していきます。そうすることで、胎児の脳や脊髄などの神経細胞が作られていきます。神経管の障害が下部に閉鎖障害が起きると二分脊椎と呼ばれる状態になります。通常、脊髄の神経細胞は骨に覆われているのですが、脊髄の細胞が骨に覆われていない状態だと神経組織に影響が生じて障害が出てしまうので、下肢の運動障害が出てきたり、排泄障害が出てくることがあります。神経管の上部に閉鎖障害があったときは、脳の形成がきちんとできなくなり無脳症になります。流産や死産になる確率が高くなってしまいます。このように、葉酸が不足すると妊婦さんにも影響を与えますが、赤ちゃんにも影響を及ぼしてしまうのです。葉酸の摂取は、神経管閉鎖障害そのものを予防することは難しいのですが、神経管閉鎖障害になるリスクは下げることができます。ですので、葉酸の摂取を進められるのです。食べ物から葉酸を摂取するには、ほうれん草やブロッコリーなど、緑の多い緑黄色野菜に多く含まれています。普段きちんとした食生活を送っていたら、日常的に口にできるものです。普段から食生活を気をつけるようにすると、葉酸を日常的に摂取できるようになるので、食生活には気をつけましょう。http://smiletukiegao.web.fc2.com/


TOP PAGE
inserted by FC2 system